簡単に言葉なんて掛けられない・・の巻

c0190103_1249970.jpg


どうも・・

携帯の調子が悪くて・・

充電もうまくいかない・・

うまくいった瞬間に・・

送ったら・・

逆さまじゃんかよお~~~!!

あははは~~




もうね・・

行く気満々で

図書館で借りてきたのだけど・・・

でらうまいえびふりゃー食べようと思ってたの・・ふふふ・・




えっと・・えっと・・ですね・・

ナキムシなわたしは・・

今・・とても・・

泣きたい気分です・・

DXに行けないから?

ちがう・・ちがう・・

そんなことじゃないの・・



わたしが

何かを腹立だしく感じるのは

その・・言葉より

その・・言葉に意味より・・

その・・言葉を口にした人の・・

冷たくて寒いココロに触れたときに

より・・強く・・感じるようです・・


だから・・

少々の

荒い言葉やキツいジョークには

そんなに・・悲しくならないし・・おもしろがれるし・・

愛ある突っ込みなんて最高~~!!!(レックさん!!ありがとう!!)

まあ・・

ん?と思っても・・

そういう面も・・

そういう見方も・・あるわよね・・で

聞き逃すことはできる・・

同じ言葉でも・・

相手のココロが大きく作用するようです




はーちゃん・・

おかげさまで・・元気になりまして・・

お友達がお電話が来て

遊ぶことになりました

昨夜のこともあるし・・

大丈夫かな~って思ったんだけど・・

少し・・体を動かした方がいいかもしれないと思って・・

お友達が迎えに来てくれるのを待ってました



お友達と出かけて

ちょっとしたら・・

泣いて戻ってきました・・

どうやら・・

昨夜のことをお友達に話したら・・

逆に・・からかわれたようでした・・



たぶん・・

こどもなりに

自分の痛みに寄り添ってほしかったのでしょうね

それが・・

思わぬ言葉で返ってきて・・

ショックだったのね・・

よくあることです・・



わたしは

そのお友達の女の子を

いけない子だとか・・そんな風には思いません・・

彼女の思いのままの言葉だし

まあ・・

からかうのはよくないですが

それも・・

はーちゃんには・・貴重な経験になるし・・



いろんな人がいて

いろんなとらえ方が合って

いろんな気持ちが動いているのが社会なんですから・・・


その中で

どの場所に近づいて行くのか

それは

自分が・・決めること・・

そのためには

自分の目も肥えさせておかないといけないんですけどね


はーちゃんも

学ぶ時期が来たようだと・・感じました




クリ坊のお友達に

水痘症のお友達がいて・・

数年に一度・・手術をします

そのたびに・・

彼女は髪を切らなければなりません

退院後・・

短髪になった彼女は

野球少年のようだけど・・

すっごく・・キュートなカワイイカンジになります

だけど・・

彼女のその姿に・・

あれこれ突っ込むサル(失言!)がいます・・

これも・・

仕方のないことなんでしょうが・・

それにもめげず

彼女の頑張りは・・めっちゃ・・ステキ・・です




暑い日が続いたので

彼女は・・

ある髪の長いお友達に

何気なく・・

髪を切らないのかと聞いたようなのです

そしたら・・

その髪の長い彼女は

「わたしのことはいいから・・もう一回・・坊主になってよ・・」と言ったらしく・・

クリ坊はその場にいなかったので

後から聞いたらしく・・

相当・・怒ってました・・

もちろん・・

彼女自身が一番傷ついたんですけど・・



なんだかなあ~って

思うわけですよ・・




深夜の病院でね

いつも・・思うんだけど

病気ってね・・

本人しか分からない苦しみがあると思うね・・

どんな言葉も

何の力にもならない時があると思うの・・

がんばって・・

大丈夫・・

えらいね・・

なんて・・薄っぺらい言葉なんだろう・・と思う・・

苦しみを味わってる人に

簡単に・・言葉なんて・・かけられない・・と思って

はーちゃんに

その薄っぺらい言葉をかけてる自分が・・

すごく・・イヤだった・・

なんか・・すごく・・イヤだった・・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-23 12:49