はーちゃんの移動教室から1ヶ月が経った

梅雨時の日程なので

天候が気になるところだったが

3日間お天気にも恵まれ

楽しい移動教室となった



上の2人も

同じように送り出してきたのだが

出発の朝

子どもたちが乗り込んだバスを見送る度

何とも言えない感情が芽生えるのだった




心配が

度を越しているとか

自分の子どもを

必要以上に束縛したいわけでもない

むしろ

わたしのいない場所で

自分なりの時間を過ごしてくれれば

充実していればなおさら結構だ




その正体は

おそらく当時のわたしにも

よくわからない感情だったのだと思う

いくばくかの寂しさといったような・・

その類だと・・





そして・・

今回・・その感情をやっと整理する時が来た

ふふふ・・

なんて・・大げさなんだろう~






わたしは名案を思いついたのだった

ふふふ・・

大した名案でもないけどね・・





出発の朝

お弁当を作り

クッキーにメッセージを添えて

忘れ物はないか再三注意して




晴れた空の下

大きなバックを下げて登校し

出発式が始まり

いよいよバスに乗り込む

バスの窓から顔を出すはーちゃんに

「いってらっしゃい~!」と手を振って・・




バスは大きな車体を唸らせながら姿を消していった




そしてわたしは・・





急いで自宅に戻り

はーちゃんと同じお弁当をバックに押し込め

切符の確認をする

最終的な荷物の確認を手早く終え家を出る





そう・・

これから

はーちゃんが向かう目的地へ

わたしも向かうのだ




電車とバスを乗り継いで

はーちゃんが到着する頃に

わたしもたどり着ける



あまりに突拍子もない計画に

ひとりほくそ笑む

ああ・・

わたし・・

これがしてみたかったんだな・・




その場所は

何度も訪れたことがあるのだが

公共の乗り物で行くのは初めてだった

その景色が視界に入ってきた時は

ワクワクして

楽しくって仕方なかった




とにかく

はーちゃんに出くわさないように

観光スポットを巡る




移動教室の日程を

わざわざ梅雨時に設定する意味がよくわからなかったが

今回訪れてみて

その意味がよくわかった

梅雨の晴れ間

初夏の吹き抜ける風

青々とした木々のざわめき

水面の透き通る青さ

この時期ならではの

自然の美しさがあるのだと・・




レンタル自転車なんか借りちゃって

優しいおじさんに料金まけてもらっちゃって

お気に入りの音楽聴きながら

いろいろぐるぐるしちゃって

近くの温泉につかっちゃって

ソフトクリームなんか食べちゃって

バスの運転手さんにシャッター押してもらっちゃって





土産話もいいけれど

その日その場所の空間を

実際に共有出来たことは

全く有意義であった




同じ時間・・同じ場所に存在していたのにも関わらず

はーちゃんとは遭遇することもなく

無事にわたしの計画は終了した




これで

3人の5年生の移動教室に

心から感謝をすることができた





娘たちがお世話になりました

その空気に触れて

その風に吹かれて

わたしの10歳の娘たちは

何を思ったことでしょう

わたしは

その空気に触れて

その風に吹かれて

この目で見ることが出来て

その瞬間を感じることが出来て

あらゆる思いは溢れだし

とてもシアワセでした




どう生きたか・・

どう生きていきたいか・・を

再確認できるひとときとなりました





帰ってきたはーちゃんに

「いい天気だったね~~!」と

何気なく匂わせてみたら

わたしが潜入することを知っていたようで

「いないな~どこにいるのかなあ~」って思っていたとか・・・

ふふふ・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2012-07-27 11:03

出掛けようとした途端

ザザーッと強い雨が降り出して

間違えなく濡れちゃうので

雨が落ちつくのを待って家を出た



西武線って

急行とか何とかの待ち合わせとか

何度行ってもよくわからない

山手線には

急行とかないから

急行とか快速とか

ホント・・ダメだ

黄色い電車は昔から

カワイイとは思ってたけど

いまいちスキなになれない路線



駅員さんに

航空公園行きの乗り場を教えてもらって

3番線へと急いだ

乗る前に

車掌さんにもう一度確かめて

安心して乗りこむ

発車のベルがすぐ鳴った

運よく

快速だとかで

思ったより早く到着できそうだ




所沢は

いや・・

航空公園には

父が入院していた病院があったので

10数年前よく通っていた

まだ幼かった長女を

航空公園で遊ばせたりもした

桜が満開で

まだひとり歩きを始めた頃





父が亡くなって以来の所沢だったので

ちょっと感慨深く懐かしかった

ホームに降りた一瞬・・

あの頃に戻った

何より

駅舎がおしゃれになっていて驚いた

ここはたまぷらーざかっ!!みたいな・・




航空公園駅について

なんとなくしゃぼんだまを買う

はーちゃんが飽きないように・・と思って・・

売店横の和菓子屋さんのお菓子がおいしそうだったけど

フェスには持ち込み禁止なので諦める

それにしても

航空公園の駅舎も立派になっている

遠い記憶をたどっても

わたしには

初めて見る景色だった



さて

相変わらず公演に到着したのは

13時30分過ぎ

風味堂は14時スタートだから

まあ・・余裕で間に合う・・はず・・




ドラムの音が遠くに聞こえて

なんか楽しくなってくる!

スキっプなんかしちゃってる!!




会場にたどり着いて

お姉さんに

オレンジのリストバンドを手首に巻いてもらう

紙製なのね・・

ふふふ・・

手作り感満載





開場は

めっちゃ狭くって

ぎゅうぎゅうな感じだけど

1番後ろでも余裕でステージが見渡せるし

町内会のお祭り的な

緩くっていい感じ

とりあえず

なんか食べようとお店を物色して回る



唐揚げとか肉巻きおにぎりとか

ささっと食べられる物を買う

ラーメンは並んでるうちに

風味が始まってしまう



てなわけで

マテ茶をひと口飲んで

ふう~っとひと息ついたところで

風味さんたちが登場した



c0190103_23385898.jpg


ワタリさん・・遠いけど

やっぱり・・素敵~~!と思う

しゃぼんだまが舞う中

ステージが進む

セトリはほぼ予想通りでした

ワタリさんのブログコメントにもあったけど

パンチのある1曲・・欲しかったね

風味堂って

圧倒的な演奏力が魅力のひとつでもあるのだから

もったいないなあ~って思う

せっかくのチャンスなのにな・・


c0190103_23385817.jpg


でも

フェスは楽しいね~~!

小規模だったけど

ゆるくって最高でした

年末のCDJよりお客さんがよかったし

他のミューッジシャンもよかった

わたし的には

白いスーツのヴォーカルの人の動きが壺でした

自分を見ているようでした

わたし以外にも

ああいう動きをする人がいるんだなあ~と

嬉しくなりました



いろんなショップがあったのもいいね

カワイイ小物が安くて

たくさん買いました

お気に入りは

音の鳴るボンボンゴム



そういえば

風味さんが登場する前に

久保田さんのClub Happinessがかかって

超嬉しかったな~~~!

そう・・

白スーツヴォーカルのお兄さんが

Ride on timeを歌ったのもよかったな~~~



ナキムシのうた

エクスタシー

楽園

ゆらゆら
[PR]
by takoyakimamasan | 2012-07-23 23:38

久しぶりにブログを開けたら

見たことないスキンになっていて驚いた

いつ変えたんだっけ?

すっかり忘れてしまっていた




はあ~

それにしてもハードだったなあ~~~~!

気力を奪われるくらいの忙しさでした

ちょっこし落ちつきたいな~

責めて物が考えられるくらいになりたい
[PR]
by takoyakimamasan | 2012-07-18 22:11