懐かしい人から連絡があったのは

9月の初旬だった

いつの間にか

連絡をとらなくなり

年賀状の交換すら途絶えてしまっていたMちゃんだった





学生時代の友達とは

もう会うことはできないと・・そう思っていた

ただ・・

ただね・・

会いたいと思う人は・・いたのね・・

恋愛関係ではなくてね・・




あっ・・

そういえば・・

彼のこと・・

書いたこと・・ある・・と思う・・






卒業してから親しくした彼らで

ほんの一時期なんだけど

飲みながら語り合ってね・・

ホント・・楽しい時間だったの





彼はね・・

本当に優秀な人で穏やかな性格の持ち主だった

麒麟のあの人みたいに声が低くてさ・・

あの頃・・

時々

わたしのうちに来て

父と一緒にお酒飲んだりして

彼が就職で大阪に行くまでの数週間・・

なんか・・寂しかったよね・・






どうしてるかな・・なんて・・

思っていた矢先だった・・

電話が鳴ったのは・・






彼はね・・

某地方都市で公務員をしていて

仕事で

今、東京に研修に来ている

それで・・

あの頃のメンバーで

東京で会ったらしいの

男の子たちはずっと仲良かったらしいんだけど

女子は結婚してバラバラになっちゃってて

Mちゃんが女の子たちを探して

10人くらい連絡がついたみたい





でね・・その時・・

彼が

自分が帰る前に

なんとか・・わたしを探し出せって・・

そう・・言ったらしいの・・





で・・

Mちゃんが

わたしを探してくれて

電話してくれたわけ・・

結婚した当時の電話番号が

昔使っていた携帯に残されていたんだって・・

今も同じ番号だったから・・





もし・・

この番号で繋がらなかったら

新聞の訪ね人にお願いしようって話していたんだって・・

やだよ・・そんなの・・

ふふふ・・

消息不明すぎるでしょ・・






で・・

彼に会いました






わたしは

話しかけられても

ホントにわからなくて

禿げてたりとか

メタボになってたりとかしてないのに

彼が彼だということに気がつくまで

時間がかかってしまった






「変わってないな~」そう・・言って笑っていた・・






なんかね・・彼の前で

カワイイ子ぶりました・・わたし・・

ふふふ・・

めちゃくちゃ・・

照れさくさくてね・・

別にさ・・

スケベな関係だったわけじゃないのね





長女にね

「00ちゃん・・彼の前でカワイイ子ぶっちゃった」って言ったら

「いいんじゃない?計算女子なんていっぱいいるから・・みんな・・計算してるって・・」って・・

確かに・・

計算していたとはと思うけどね・・

ふふふ・・

ちょっと・・ラクになった





もう・・何を話したか

覚えていないの・・

お互いの家庭のことと

子どものことと

それぐらいが精一杯で・・





「00(旧姓)はさ・・なんか・・チャーミングだったんだよね・・性格も可愛いかったし」

ん?チャーミング?・・

ふふふ・・軽く死語ですね・・

性格ですか・・可愛いのは・・

ふふふ・・





「大阪に行っちゃう時・・寂しかったよ」

「オレも寂しかったよ」

「もう・・会えないなって思ったよ」

「オレもだよ」






時々の沈黙に

同じこと考えているような気がした










わたしの話を

うんうんうなずいて静かに聞いてくれるところも

あの低い声も

みんなから尊敬されてるところも

昔のまんまだった






彼のお父様とわたしの父は

ちょっとした知り合いでね

わたしの父が

彼のお父様に

「家の娘を00さんの息子さんに嫁がせたかったな・・」って

話したことがあったらしくて・・

彼がそんなこと・・言っていた

そういえば

父がそんなことを言っていたかもしれないと・・

久しぶりに・・思い出された





最寄駅に着いて

駐輪所に停めておいた自転車が

雨に濡れていて

「あ~雨が降ったんだなあ~」って・・

何気なく空を見上げたら

なんだか・・

ひとり・・切なくなってしまいました






気がつけば

あっという間に時が経っていて

あの頃を懐かしく振り返る余裕もなく

忙しく過ごしてきたけれど

わたし・・

こんな風に

みんなに会いたかったんだな・・って・・

奇跡の夜だったな・・って・・

帰り着いたわたしを見た長女に

「00ちゃん・・泣いた?」と

すぐにバレてしまった

ふふふ・・

確かに

ちょっとだけ・・泣いた・・






美容にちっとも関心がなかったのに

数日前から

長女にフェイスマッサージをしてもらって

ふふふ・・

小顔になったと喜んで・・

ふふふ・・





マッサージは気持ちよくて最高なんだけど

放置した顔のたるみはどうすることもできなくて

悲観したわたしは

「どうせこの法令線は何したってもう消えないのよ・・

もっと・・くそババアになって死ぬだけよ!!」って嘆く

そんな光景を目の当たりにしたはーちゃんが

「まだ・・やりたいことがあるんじゃないの?」って言った

きゃははははは~~~~!!

おもしろいね~

さすが・・わたしのこどもだけのことはある!

うん・・

まだ・・やりたいことは・・いっぱいある・・




彼が

彼の住む町のお土産をくれた

「なんか・・ひと言・・書いて・・」って言ったら

彼らしい

恥ずかしいこと・・書いてくれた

ふふふ・・

今頃になって

そんなこと・・書いてくれるんだ・・

ふふふ・・

いつ・・食べようかな・・

まだ・・

封を開けられずにいるの






また・・会いたいと思ってくれるようなわたしだっただろうか・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-25 20:30
文化祭が終わって

軽い打ち上げ的に

バーミヤンでみんなとご飯食べるというので

迎えに行くから

終わる少し前に電話するように話した



で・・

電話がかかってきた

みんなより一足先に帰る・・と

「いいの?」って聞いたら

「なんか・・胃が痛くなっちゃた」って・・







その晩・・39.4度の熱を出した





過密スケジュールに

カラダが悲鳴を上げたのか

騒ぎ過ぎたのか・・

ふふふ・・





翌日の片づけは休めないと

制服に着替えて

出掛けたのだけど

登校途中で気持ち悪くなったと

わたしの勤め先にやってきた

やっぱり・・

ムリよね・・

だって・・

まだ・・38.6度あるんだもの・・





すぐに高校に連絡して

事情を理解してくれた00長さんが

家に連れて帰ってあげなさいと言ってくれたので

そのありがたいお言葉に甘えて

わたしも

制服のまま

15歳の娘と2ケツして

家路へと急いだのでした





抗生物質と総合感冒薬を飲ませて

とにかく

まめに水分補給を摂るように促して

わたしは職場に戻った

ふう~





その夜・・37度台まで熱が下がった

クリちゃんは

代休も含め

シルバーウイークもびっくりの

1週間も学校がお休みになりました





なので

先週の中3日は

何やっていたのもう・・思い出せません・・

ふふふ・・

台風だったことも・・

さっき思い出しました




昨日は

はーちゃんの運動会・・

お天気に左右されることなく

予定通りに行事ができるのって

本当にありがたい・・




近隣住民を意識してか

放送に異常に気を使って

運動会なんだか

わかりゃしないほどに

放送が抑え目で・・

もう・・ピリピリしすぎてて

ホント・・バッカみたいと思うんだけど

たぶん・・

すごくうるさい人が

近所にいるんだろうね・・

めんどくさいもんね・・

そういう人・・怒らせると・・ね・・

もう・・

そんなの放っておいて

風味堂とファンキー久保田・・ぶっ放して!!って感じ・・




はーちゃんは

リレーは補欠だったものの

80m走ではぶっちぎりの1位・・

ゴールした時に

「よっしゃ!!」と

ガッツポーズしていた

わたしも

思わず・・叫んだけどね・・

ふふふ・・





「ソーラン節」はね・・

子どもたちの声と気合と迫力と

すべてが気持ちがいいよね・・

今の子たちって

無気力無感動的なところがあって

掴みどころがないんだけど

ソーラン節になると

おもしろいくらいにたくましくなっちゃって

そんな声・・出せるんだ・・みたいな・・

上の子たちの学年もそうだったけど

ホント・・不思議だよね・・

なんだろね・・あの・・一体感は・・





めちゃおもしろかった競技は

ハリケーンという名の団体競技

4人で一本の棒を持ちながら走り

2本のコーンを一周りしながら

スタート地点に戻るという競技

コーンを1周する時は

内側の人が中心で遠心力に耐えなければならない

その役目をはーちゃんがやっていた

これがね・・

超おもしろかった

腰と足で踏ん張ってみんなを回すわけ・・

端の男子なんか

ピノキオかよっ!・・みたいに思えるほど

振りまわされてた

ふふふ・・

なんかね・・妙に

興奮させられる競技であった

誰よりも

異常に反応してしまうたこ家であった




はーちゃんは

2年ぶりにあか組が優勝して

しょんぼりせずに済みました

夜は

ご飯食べに行って

ソニプラで大騒ぎして

ドンキホーテ最終回に間に合うように帰ってきました





何しろ・・

前夜に25年ぶりの「同窓会」があったので・・

えっ?

同窓会・・

淫靡な響きですね・・

うん・・

かなり・・

淫靡でした・・

ふふふ・・





さて・・

これから蔦屋に行ってきます

なんかね・・

出胃図似ーのピーターパンが・・

久しぶりにみたいというので

借りてきてあげようと思って・・

まだ・・

気持ちよく寝てる3人なので

その寝てる間に・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-25 09:36
このくだらないブログをご覧いただき

誠にありがとうございます

うんことか下痢とか

(最近は0でカモフラージュをすることもしなくなりましたし・・)

そんなことばかり書いているのに

申し訳なく思うほどです

改めて

御礼を申し上げます



さて

このいわゆるシルバーウイーク3連休ですが

初日の土曜日は

クリちゃんの都立高校の文化祭に行ってきました

新学期早々から

殺人的なスケジュールをこなし

本番当日を迎えたのでした

「もう~間に合わな~~い!!」って

深夜まで細かな作業を続け

泣きそうになっているので

見かねたわたしは

販売チケットを切ったり

両面テープ貼ったり

いろいろと手伝ってしまいました





買い出し班が

何も考えずに

余計なものを買って来たりして

その処理に追われたり

部活動で忙しいクラスメートの分も

せわしなく動き

担任の先生からの

クリちゃんへの*注1困った信頼に閉口し

大看板を描き

腕や足にペンキをつけて帰ってきたりしていました




なんかね・・

どうせやるなら

自分でできることは

ちゃんとやりたかったんだって・・

まっこの辺でいいか・・って

適当にやめちゃうのは

悔しい気がしたんだって・・




一番奥にあるクリちゃんの教室へ向かうと

その頑張りは一目瞭然でした

学校中を走り回っていた彼女が見えるようでした

そこかしこに彼女の文字が書かれ

その工夫が彼女らしくてちょっと笑いました






自分の持てる・・

今持っている力を出し切らない

いや・・

出し惜しみして

なんとかラクしようと考えてるくせに

俺はやってる感丸出しの

カッコ悪いぽんに幻滅しているので

てか・・

誰に似たんだろうね・・

K男か?(舅)S子か?(姑)

あはははは~~~~

にしても・・

そういうとこ・・

本当に似てなくてよかったと思った

そんなDNA受け継いで欲しくないし・・

ふふふ・・・




お化け屋敷の駄菓子屋さんだったのですが

駄菓子に

いろいろと名前をつけていて

サイダーのネーミングは

「たこ家特製 サイダーのおびんびん」だった

先週のお祭りでもらったラムネがあったので

はーちゃんが

長女に

ラムネを飲むか聞こうとした時

なぜか・・

口が回らずに

「ラムネのおびんびん」などという

恥ずかしいことを言ってしまい

それがそのまま使われたのでした

気がつけば

はーちゃんも

一役買っていたわけで・・

ふふふ・・

ご丁寧に

その名の由来も

書かれていたのでさらに笑いました




みんなとあれこれ考えて

協力し合って

友達と一緒に作り上げて

それなりの達成感を味わえたのではないのでしょうか・・

「お前・・頑張ったな・・」って

男子にも言ってもらえて

頑張った甲斐がありましたね

ご苦労様でした

きびいしい条件だった都立入試を

乗り越えた成果って言うのかな・・

ここまで

影響するとは思わなかった

高校入試の最後の1ケ月の頑張りが

いや・・

あの粘りが・・

クリちゃんの意識を変えた気がする

やっぱり・・

成績じゃないね・・大事なのは・・







お母さんたちも

たくさん見えていて

熱心な保護者さんばかりだな・・と思うのでした

同世代のお母さんたち・・

メイクバッチリでおしゃれしてました

でも

やっぱり年齢は隠せないんだな・・と・・

シミやしわもそうですが

ひじに

ひじに年齢が現れますね・・

これは・・

ちょっとした驚きでした

顔の衰えは毎日わかるのですが

ひじやひざの皮の衰えを

意識したことがありませんでした

思わず頭に浮かんだ言葉が

「人のひじ見て我がひじ見る」だったので

長女に言ったら

超ウケてくれて

さらにメモってくれました

はははは~~~






久保田さん・・

髪切って若返ったね・・

1ケ月前に切ったから

ちょうどいい感じ・・

まあ・・

わたしは

15年くらい前の髪型が一番スキだけど・・

うん・・

やっぱ・・

カッコいいな・・

郷ひろみと森進一のモノマネには

ちょっと引いたけど

織田さんがスキになるのも仕方ないかな・・って・・

ふふふ・・

「声にできない」は・・

英語バージョンの方が何倍もスキ



昨日も

朝から晩まで出かけていたので

今日は

一日ダラダラして過ごそうと思っていた

ぽんちゃんのベットで

「それでも、生きていく」の5話の途中で意識がなくなり

きなちゃんと二度寝した

また・・

久保田さんと馴れ馴れしく過ごす夢だった

だって・・

夢の中では

織田さんよりわたしの方がスキみたいなんだもん・・

で・・

調子に乗ったわたしが発した一言が

JAM社長の怒りに触れ

めちゃくちゃ叱られる・・という夢だった

ふふふ・・

どうりで

目覚めが悪いわけだ・・

叱られてるわたしを気にしながらも

社長には何も言えない久保田さんであった・・

ふふふ・・




*注1

成績もそこそこで

媚も一切売らないのに

どこの学校でも

どのクラスでも

先生から好かれるという特技を持つ
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-19 10:31
娘たち・・

某ライブに行ったら

YUIがいたらしい・・

あの・・顔をくしゃくしゃにして歌うYUIが・・

それも

小さな会場だったので

ホントに近くに座っていたらしい・・

顔が小さくてとても美しかったみたい・・

でも・・

チラホラ聞こえてくる会話の端々には

驚いたみたいだけど・・

以外なキャラだったわけで・・

まあ・・

ここには書けませんけどね・・



もともと…わたしは

YUIの歌に惹かれることもないし

興味もないのでどうでもいいけど

娘たちの話を聞いたてたら

やな女かも…と思った



あ~

アンフェア…つまんね~

興味ない世界には

自分でもびっくりするほど何も感じない

篠原凉子は好きなんだけどな…

なんか…

所々…先が読めてしまって…



伊坂さんの砂漠の方が想像しやすいな

もうすぐ久保田さんに会える
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-16 16:37
きなちゃんの肛門ってきれいなピンク色・・

地肌がピンクってカワイイよね



せっかくのお休みなのに

洗濯したり

お布団干したりでなんか忙しかった

本を読もうと思っても

やることがたくさんあって

なかなか集中できない



最近・・

仕事中に

ブラのホックが外れることが多く

接客中にポロリとなったらまずいなと

気をつけていたのだが

昨日は

なんか痛いな・・と思ったら

左のブラカップから

夜露乳首がはみ出てて

ちょいと恥ずかしかった

まあ・・

誰も気がつかないが(はずだが)

さすがに

夜露乳首露出は犯罪行為なので

そっと隠し入れた

が・・

やっぱり出てくるので

何度も押し入れた

わたしの夜露乳首・・言うこと聞かない・・

ふふふ・・

ヌーブラでも買ってみるかな~
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-15 16:22
今週は懐メロ特集で

EarthとかShakatakuとか

Al JarreauとかRoberta Flackとか攻めてたら

超懐かしい曲に再会してしまった

渡辺貞夫とRoberta Flackのhere’s to love・・

もうね・・

20歳の大失恋の夏を思い出すしかないでしょ・・



あんなに泣いたのに

恋することを諦めなかったのって
 
若かったからよね

まだ恋が恋のままだったから



消防士の彼の態度が

明らかに変わったのは

わたしの20歳の誕生日直前

彼に焼きもちを焼かせたくて

ちょっとやり過ぎちゃった

最初は

なんとなく冷たくなって

彼が笑わなくなって

そのうち連絡が途絶えた

映画に行く約束忘れちゃった?

ディズニーランドデート行くんじゃないの?

お仕事忙しいんだよね?

きっと疲れてるんだよね?

電話に出ないのは本当に出かけてるからよね?

せっかくの女子大生の夏休み

みんなからの誘いを断って

電話が鳴るのを待ってるのに…

本当に長い長い夏休みだったな~



あの夏は

そんな風に過ぎていったの



9月にますおさんに

無理やり連れ出された軽井沢から

もうムリなんだなって

ようやく悟ることができた

その軽井沢に行く車の中で

聴いたわけで・・

数日後・・

ますおさんは

here's to loveが入った

テープを作ってくれて

この曲を聴きながら

彼を忘れる努力をしていくことになるんだけど・・





今も彼は

消防士なのかな~

東京消防庁・・

今でも

消防車のサイレンに反応しちゃうんだ・・

もしかして・・

乗ってたりしないかな・・って思っちゃう

幼稚園の防災訓練の時なんか・・

もしかして・・って・・ドキドキしたもの・・

ふふふ・・

たぶん・・

彼とはもう会えないので

そんな偶然を期待するっていうか・・






はっきとした彼の気持ちを伝えられぬまま時が経って

その後・・

彼とは何度か会ったりしたこともあったんだけど・・

なんとなく・・

お互い切り出せなかったのね

もう一度やり直す?って・・

突然、銀行に電話してきて

「4年も経っちゃったけどディズニーランドに行かないか?」って誘ってくれたんけど・・

もう・・遅いんだから・・って思った

その時は最愛のぽんちゃんがいたので

わたしは

ごめんなさいって彼に伝えた





嵐の大野くん似でね・・

友達に

「たこの彼氏・・かっこいいね!」って言ってもらったこともあったな

ふふふ・・

思い出せるのは

ギュ~っと握ぎり締めてくれた

手の感触かな・・半端ない握力

ほら・・消防士だから・・体育会系的な・・

クリスマスプレゼントに間に合わなくて

彼の誕生日プレゼントになっちゃった

名前入りの手編みのセーター

ずっと心待ちにしてくれていて

春の初めに

出来上がりの悪いそのセーターを着て

奥多摩湖の前で

手をつないで撮った写真の残像が

なぜかいつも頭の中にある

その写真だけは捨てられなくて

たぶん探せば

見つけられるんだろうけど・・

なんだか・・

探さない自分がいる




ステキな奥さまと

シアワセであって欲しいと思う

職業柄・・

元気であればいいなとも思う




たぶん・・

美化したまま・・

わたしのココロの中に

ずっととどまる記憶だと思う

うぬぼれかもしれないけど・・

彼は

わたしのことはちゃんと覚えている気がする

毎年7月10日あたりには

ふっと・・・思い出してくれている気がする

やっぱり・・

うぬぼれかな・・




この話を娘たちにすると

「お父さんが消防士ってかっこいい!」って言うの・・

なんでだかはわからない・・

ふふふ・・

ぽんちゃんだって

それなりの職業なのに

人格否定から入ってるから

ぽんちゃんの仕事には興味がないみたい

ふふふ・・

「でも00ちゃんが消防士の彼と結婚してたら

わたしたち生まれてないんだもんね~」って

・・確かに・・そういうことになるよね・・

ふふふ・・

ぽんちゃんは人格形成過程に問題があったのだろうけど

まあ・・

そのことに気がつくのに15年を要したけど

かなり疲れるけど・・

ふふふ・・

娘たちに出会えたことは

本当にラッキーだった

みんないい子・・みんなダイスキ・・

ぽんは・・そこそこ・・

ふふふ・・




てか・・

ちょっと・・

嬉しい便りがあって・・

驚きにも値するほどなんだけど・・

あっ・・

消防士の彼関連ではないけどね・・

ふふふ・・




以下は

昨日更新して途中でやめた記事・・



はーちゃんが帰ってきた

なんか・・ちょいとどや顔だったので

どうしたの~?って聞いてみたら

すでに中学1年の数学を終えている

クラス1番成績の良い女子と

仲良しノリより点数がよかったとのこと・・

よかったね~!

夏休みも一切勉強せずに

ダラダラと過ごしたというのに・・

まあ・・

折れ線グラフは得意そうだな~とは思ってたけどね・・

はーちゃんは

「期待しないでね!」って言うけど

わたし・・期待したことなんてあったっけ?と思うんだけど

勉強しなさいとうるさく言わないし

放任に近いくらい教育熱心じゃないし・・

ただ・・

若い頃に培った知識って

日常には必要のないことばかりと思われがちだけど

でも・・

どこかでおもしろくらい

自分を助けてくれる時があるんだよね・・

微分積分だって

気がつかないけど

毎日の生活で繰り返し使われているしね・・

お客様の難しい漢字とかね・・

読みにくい字とかあったりするじゃん・・

偏差値なんて

必死こいて勉強すれば

すぐに上がるし

偏差値が高けりゃシアワセかって言うと

そうとも言い切れないし

本当の幸いって何かって・・てね・・

ね・・ジョバンニ・・

ふふふ・・

まずは

今、自分がやらなきゃいけないことをちゃんとやる・・

てか・・

何をするべきなのか

自分で考えて見つける作業が必要だよね

それだけでいいんだと思う

まあ・・

これが難しいんだけどね

宿題をちゃんとやる

授業中先生の話をよく聞く

テキトーに遊ぶ・・

これが出来てれば充分だと思う

もちろん・・

はーちゃんには期待してる・・

もちろん・・

長女にも

クリちゃんにも・・

良い成績を期待しているわけではなくて

どんな大人になってくれるのか・・ってこと・・

どんな感性を持ち合わせてくれるのかってこと・・

とにかく

アイツ(ぽんではなくあの人を指して言ってます)のように

腹グロじゃなきゃいいわけ・・

ふふふ・・




さて・・

今夜はようやく月の観察ができそうだ

ちょいと予習しとくかな・・

はーちゃんが食いつきそうなネタでも仕込んでおかくかな・・な!
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-06 17:06
野田さんが首相になって

消費税はどうなっちゃうのか・・

被災地復興も原発の現状も

良い方向に向かうのだろうか・・

60%の支持率・・

今度こそ裏切らないでほしいんだけど・・

とにかく・・

今は最大の国難なんだから

政治家としての利権はひとまずおいといてもらって

分かりやすい結果を望みたいですね

分かりやすい派閥争いは・・もう・・どうでもいいから・・




さて・・

わたしは

人の耳を見るのがスキなんですが・・

いや・・

スキというか・・耳相が気になるんですね・・

で・・

野田さんの耳たぶは

大きくてザキヤマのケツあごのごとく

真ん中で割れていて

まるでべろのようでした

ふふふ・・

副耳なのかもしれません

初めて見る耳たぶの形でした

耳たぶが大きいと言えば

枝野前官房長官ですね・・

後頭部から見ても

耳たぶがはっきりと分かりますから

まあ雰囲気で言えば怪物くんですね・・ふふふ・・

耳たぶが大きいと

金運があるように言われますが

もちろんそれもあるのでしょうが

お金に対する執着度も関係するらしいですね

ちなみに

ワタリさんの耳たぶは

思ったより小さかったので

よかった!お金に汚くない方だわ!・・と・・思ったのでした

ふふふ・・



そんな野田さんですが・・

船橋市議をされている実弟さんが

インタビューされている時に

チラチラ映る野田さんのポスター

これが・・最高なんです

プリクラかよっ!って思うくらい

目が盛れてるんです!

アイラインもきれいにかかれている感じ・・

ふふふ・・

なんか・・

スキになりそうな予感・・





さて・・

数年前・・

美輪さんの本をむさぼり読んだ時期がありまして

久しぶりに読み返したら

ちょっと・・いいな・と思う箇所がありまして・・

男性と付き合っても

相手の欠点ばかりが目につき

長続きしないという26歳会社員の方の悩み・・

割愛しますが

美輪さんのアンサーは

自分の持っていないものを

相手で補おうとする人が多い

なまけものだから金持ちを探し

自分に決断力がないから引っ張ってってくれる人を探し

要するに・・相手に要求ばかりする

それで

自分の要求通りにならないと

相手が悪いみたいな調子で責め立てる

女でも男でも

自分に自信のある人は

相手に多くを求めたりしません

フランスの女優ジャンヌ・モローを見てごらん

彼女、記者に

「男に求めるものは?」と聞かれて

「男は美しければそれで結構」と答えましたよ

それで記者が

「経済力や知性・・包容力といったものは必要ないのですか?」と聞いたら

「そんなものは全部、わたしが持っています 必要ありません」と返した

美輪さんのある本から引用してみましたが・・





なんかね・・

これ読んだら

どっかにいたな~こういう奴・・と思って・・

ははは~

うちのぽんちゃんだった

重箱の隅つつくように

欠点を見つけるのはうまく出来て

認めることは大の苦手

常に自分を優位に立たせておきたい

優位に立たせて!俺は偉いんだ!頭がいいんだ!って

そうしていないと立っていられないんだよね

そんなに頑張らなくてもいいのね

結局・・

相手に求めるものが多いというのは

それだけコンプレックスの塊だってことだと・・

あ~なんか可哀想だ・・

これって

結婚して15年くらいにようやく気がついたわけで・・

ふう~

幼児期に何かあったんだろうね~~

怖い時は怖いって・・

辛い時は辛いって・・

言えなかったんだろうね~~




これからどれだけの時間が

わたしに残されているか分からないし

わたしに

経済力も知性も包容力もないかもしれないけれど

せめて

気持ちだけは

そんな風でありたいと思った

相手に要求しなくてもいい生き方をしたいと・・




あ~

またぽんちゃんの悪口になった

ふふふ・・

彼の性格はもうこのまま変わらないと思うので

仕方なく付き合うしかない・・

でも・・

わたしは・・そんなのはいや・・

もっと・・

知的レベルの高い場所にたどり着きたいと思う
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-05 20:08

今夜は非常に懐かしい曲を聴いています

もう・・これはね・・

中学生か高校生の頃だよね・・

深夜のラジオ放送から流れてきて

カッコいいなあ~って思って・・

昔から

夜行動物だったんで

深夜2時頃までは必ず起きてて

ラジオをかけながら勉強していた

いや・・

参考書開いてるだけで

勉強してるふり・・かな・・

勉強机に内蔵された照明スタンドだけに照らされた

薄暗い部屋の中を思い出す

まあ・・

そんな不規則な生活のせいで

中学生のころは遅刻が多かったけど・・





あの頃から

こっち系の音楽がスキで

さらに・・

深夜のラジオと

その後のますおさんとの出会いが

さらに

わたしに大きな影響を与えてくれたんだよね

ますおさん・・何してるかな・・

お金持ちのお坊ちゃんでおしゃれな人だった




彼が選曲して作ってくれるテープって

ホント・・ヤバかったよね

あの頃ってさ

今みたいに洋楽を扱ってるいるお店が少なくてさ

唯一タワーレコードでさ・・

小さな専門的なお店は

都内にいくつかあったけどね・・

彼のコレクションの数ったら・・

かなりの量だったし・・

お宅にお邪魔すると

自慢のオ―ディオルームに通され

「スキなの聴いてな・・」って言って

お茶を入れにキッチンに消えちゃう

もう・・

27年も前の話・・




わたしたちは恋に発展することはなく

仲のいい兄妹みたいだったし

ますおさんには

きれいな彼女がいたしね・・

ただ・・

彼女のご両親が

ますおさんとの交際を反対していたからさ・・

ちょっと・・つらい恋をしていたんだよね・・





わたしたちは比較的お家が近かったんで

ますおさんは

何かにつけ電話してきては

「迎えに行くから用意して待ってて」って

まあ・・いろんなところに連れて行ってもらいました

うちの父は

わたしの男友達関連には

めちゃくちゃうるさかったのだけど

ますおさんは父関連で出会った人なので

ますおさんと出かけることには寛大だった




第三京浜から横浜・・本牧埠頭近くのカフェバー

代官山・・有楽町の映画館・・

用賀のレストラン・・

まあ・・他にもね・・

懐かしいなあ~

あの頃聴いてた曲が

ホントに・・原点だよね・・




For The Love Of You・・

これは・・

ますおさんと出会うよりも

ずっと前から聴いていた曲・・

どうやら・・

AORってくくりなるのかな・・




やっぱり・・

いい時代に生まれたな~

久保田さんとリンクできるし・・

同じ時代を生きて

同じような音楽を親しんできたんだな~って・・

Soul R&Bは最高です!な!
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-04 20:14
あながち・・ガセじゃないね・・混雑情報

出伊図似胃卵土には何度もいってるけど

0分で乗れちゃうっていうのは・・初めて

モンスターズインクなんて

3連続で乗った

ハニーハントも5分だったから

やっぱり3連続乗りをした

スモールワールドは

憧れであった

寝姿勢でみることができた

しかも

区母他さんがいっぱいいたので

笑わせてもらった

サーフィンしてるし・・なんか叩いてるし・・

ふふふ

ティ―パ―ティなんか

まじでゲロ理想になるほどまわしてみた





アリスのレストランも5分待ちだったので

ゆっくりとメニューを選んだ

まあ・・あれとあれとあれしかないけどね・・

ふふふ・・

案内された隣のテーブルに

ヤンキーカップルがいたので

「すみません・・」と

お姉さんに言って

席を変えてもらった

ヤンキーカップルから離れたテーブルに落ち着き・・

アンバースデーケーキをみんなでつつく

はーちゃんは

直前に食べたフライドチキンで

おなかいっぱいみたい・・

コーンスープでギブ!

あとで絶対・・おなかがすくのに・・

クリちゃんが海老フライを食べているのを見るだけでも

おえ~ってなりそうだったから仕方ないけど・・

でも・・

ケーキは食ってたので

やるね~コイツと思った

キリンレモンは水かと思うほど薄かった

あそこまで薄められるなんて・・マジで素晴らしい・・

ふふふ・・

いつも同じメニューなのに

なんか・・

アリスのレストランに入っちゃうんだよね~!





ミッキーのフィルハ-マジックは

3Dが可愛いし音楽もステキ・・

飛び出す映像に

思わず手を伸ばしてしまう・・

アリエルの宝石を取ろうとしたり

シンバに触りたくなっちゃうのは

あまりにフツーなので

我が家は

もっと高度に

人差し指を立てて

鼻の穴に指を突っ込んで見えるように

工夫したりした(果たして・・それを工夫と呼んでいいのか・・)





とにかく

どこも長くて15分待ちで

並ぶとすぐに乗れるので

並んで待たないって素晴らしいな・・って思った

バズライトイヤーは

何回乗ってもスコアは

20000点はくだらず

最高スコアは35000点だった

はーちゃんに

「神レべ」と褒めてもらった

やっほ~!褒めてもらえれば何でも嬉しい!








掃除しているお兄さんに

「何を拾ってるんですか?」かって聞いたら

「何だと思いますか?」と逆に聞かれたので

「★のかけら」と長女がギャグで言ったら

「近いですね~~~!!」とお兄さんはかなりの優男!

「ほんじゃ・・★~~!!!」と張り切って言ってみたら

大正解だった!!

で・・

その辺に落ちてる訳の分らんゴミを指差して

「も、もしかして・・これも・・★ですか?」と言ったら

「そうです!★ですね~~~!!」と言って

ほうきでチリトリの中へ・・ササっと掃きいれる優男兄さん・・

もう・・ノリがよい出来るお兄さんなんで

「あそこにも★がっ!!」って言ったら

同じようにササッと始末する

素晴らしいエンターテイナーだ!!

超楽しかったので

お礼を言って別れた




閉園5分前に

わたしとはーちゃんはバズに乗って

お姉ちゃんたちは

スペースマウンテンフィニッシュしました

いつものあそこでお土産買ったら

レジのお兄さんが気持ち悪いので

なんだろ・・ナルならひとりでやって!と思って

クリちゃんにお会計を頼んでしまった

なんかいやだと思う人とは

数秒でも一緒にいたくない







帰りの電車はめっちゃ楽しかった

いつも

きなちゃんに

わたしたちがしていることを

人間に置き換えてやってみた

肉球の匂いを嗅ぐので

手の匂いを嗅いでみた

後頭部に口づけするので

後頭部に口づけする真似をした

顔を近づけて

耳をパタパタさせながら

耳の後ろを両手をもむので

髪の毛をパタパタさせて

耳の後ろをもんでみた

ついでに

眉間を上下にこする・・

きなちゃんって・・

いつもこんな風あっちこっちに触られて

大変だね~と・・改めて思う

しかし・

これを人間で再現するとすごく笑える





はーちゃんとは

ピラメキーノの手帳に

都道府県の漢字を書きあって楽しんでいた

そのうち・・

はーちゃんが飽きてきたと察したわたしは

「運子」と書いた

すると・・はーちゃんは呆れ顔ながら

「うんこ」と読み仮名を書いた

これに味をしめたわたしは

さらにエスカレートしていく

「下痢」(これはそのまんま)

「下呂」(地名だけども・・だけど・・)

「赤痢」(リアル時事問題)

どんどん正解するはーちゃん

で・・

長女たちが覗き込むので

こんなことしてます的に見せたら

「区母他都歯乃部」と書いてくれた

あははは~~~~



電車の中にいた虫に刺されて

左足が怖いくらい真っ赤に腫れた

痒いし痛い・・

寝る前にムヒの最強なのを塗ったら

ウソみたいに治った






てか

今週HEY3の友近のこうだくみの真似にはまって

会話の後に「な!」をつけていた

これはね・・かなり・・おもしろいよ

友近って素晴らしい!!な!
[PR]
by takoyakimamasan | 2011-09-02 19:12