<   2010年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


なんか・・

欲張っている自分が嫌です

確かに・・

時間はないけれど・・

本当に・・

バカだなって・・思います
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-30 23:20

6月も今日で終わる

ついこの間・・お正月だったのにね・・みたいな会話を

毎年この時期に繰り返す

そして・・

夏休みまで

矢のように

日々は

過ぎ去って行ってしまうのだろう



もうすぐ・・46歳になる

これから・・どうやって・・

生きていくか

生きていきたいかを

常に考えている

ありたい自分になる・・というか・・

そこを

明確にしておきたいのだ




単なる欲求でしかないのだが

おいしいものを食べたいとか・・

どこかへ出かけたいとか・・

人とは仲良くやりたいとか・・

何がしたいのか・・とか・・

とても・・

わかりやすいことだ




高齢なお客様とお仕事していると

「この人は今・・何が楽しくて何を楽しんで生きているのかな?」って感じる

長い人生の故の苦労っていうか・・

曲がった腰でゆっくりスロープを歩く後ろ姿に

どうやって生きて

その年齢に達したのかなって・・

自分のよしとする

生きたいように生きて

その年を迎えたのだろうかって・・





わたしに

あとどれくらいの時間が残されているか分からないが

余裕を感じられるほど

のんびりはしていられないとも思う




振り返ることをしなくて済むように

こころ残りを

少しでも残さないように

誰かに迷惑がかからない程度に

自分に正直に





後悔しないように

感情に

折り合いをつけて・・



ひとまず・・

今日も

気持ちよく生きようと思う

そして

ココロとカラダが動く

SOULな音楽も携えて・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-30 06:46

暗くなってきたな~って思っていたら・・

降りだしましたね・・雨・・

それも・・

道路を叩きつけるような・・雨・・

異常といえるほどの

湿度の高い一日だったから

少しは涼しくなるかな



今日のわたしは

一日・・とろけていました

なんか・・

気持ち悪いくらい・・

ニヤニヤしちゃって・・

久保田効果が

如実に表れています




なのに・・

なのに・・



職場の更衣室で

朝・・制服に着替えていた時のこと・・

洗ったばかりの

きれいなはずの洋服だったのに

なぜか・・

なぜか・・

背中の部分が汚れていた




どう考えても・・

汚した記憶がわたしにはない・・

だれかが故意に

つけたとも思えない



でも・・

でも・・

確実に・・

「う0こ」がついている



チョコレートであってほしいと

祈りを込めて

数度・・匂いをかいだが・・

どう・・かいでも・・

「う0こ」であることに間違いはないようだ・・



うそだ!

うそだ!

リビングのどこにもう0こ(きな子の)は落ちていなかった

う0この処理に手落ちはない

おケツの穴だって

赤くなるほどぐいぐい拭きまくったし・・



けど・・

う0こは確実についていた

どげですか?これって・・!!




とにかく・・

う0こがついていることは

この上ない事実であるわけだから

とりあえず

何食わぬ顔をして

着替えを済ませた

う0このついた服を

ロッカーにしまうのに

いささか

抵抗を感じたが・・

放置もできず・・鍵を閉めた




う0こがついていたという衝撃から

仕事に入ったが・・

さて・・

帰る時・・どうしよう・・

更衣室で着替える時・・

う0この匂いがしたら申し訳ない・・

さすがのわたしも

う0このついてる服で

出勤したことをバレたくない・・

女優にならなければ・・




う0このことは気になるが

LOVE RAINも降り注ぐので

う0こ・・LOVE RAIN・・仕事・・

う0こ・・LOVE RAIN・・仕事・・と

非常に・・忙しいのであった




さて・・

洋服の汚れの正体は・・

やっぱり・・

きなちゃんのう0こだった・・

ソファーの

背中が当たる部分に

う0こが付いていた

消毒液で拭きまくったのは言うまでもない・・

それでも・・

久保田のLOVE RAINは

容赦なく

わたしに降りまくる・・

完全に

久保田の声に

恋しちゃってます

きゃあ~~~~~~~!!!!!!
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-28 18:05

昨日のお隣さんは

サングラスをかけた怪しい女性

何かにイラついているのか

貧乏ゆすりをしている

右隣の女性は3人連れ

わたしの隣の方は

久保田を聴くような人に見えない



とりあえず・・

怪しい方の女性に

わたしが狂うことを説明したら

快く了解してくださった

わーお!

言ってみるもんだ!!

そうだよね・・

彼が好きだから・・

この場所に一緒にいるだもんね



前日よりも

お客さんも反応があって

久保田自身が楽しそう!

しかも

予想に反して

両隣の方々・・かなり・・ファンキーだった

人は見かけによらない


c0190103_1583694.jpg


そういえば

昨日のダフ屋のおじさんとごあいさつ・・

楽しんで来いと

親指立ててくれた・・

なんという・・フレンドリー



MCで一番・・ぐっときちゃったのは

一緒に・・生きてきたね・・みたいに言ってくれた時・・

もう・・もう・・

泣きましたよ・・わん・・わん・・

堰を切ったように

ココロも涙も溢れました




怪しい女性とは

始終和やかに会話をし

この空間を共有できたし

右隣の女性が

「missing」で涙を拭っていたのを目撃して

ちょっと・・感動・・

いろんな思いが・・

あるんですね・・って

わたしも・・です・・よ・・

ふふふ・・


c0190103_1583672.jpg


リアルタイムに

同じ時代を生きれたことに感謝・・です



放心状態になったわたしは

また・・

AX方面から原宿に向かって歩き出した

子どもたちも待ってるし

パパも・・いる・・

いつもなら・・

急ぐ道も

ゆっくりとしか歩けなかった


久保田Tシャツを脱ぐのが嫌で

スカートにヒールという

とんでもない恰好して

ゆっくり・・ゆっくり・・




昨夜は

AXでイベントがあったらしく

その人たちにどんどん抜かされる

AXの文字を

気が済むまで眺めて・・

また・・

去年を振り返る・・

基本は・・

NEVER TURN BACK・・

時々は・・ね・・あるでしょ・・




怪しい女性に・・

「20代?」って聞かれて驚いた

45歳だというと・・

「あ、あたしより・・年上~~?」

きゃ~~~

すみません・・・

風味堂で鍛えられてるんで・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-27 01:58
c0190103_172885.jpg

[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-26 17:28

歩道橋は渡らずに

代々木公園側から

信号を渡る

目の前は

懐かしい並木道・・

いろんな人と歩いたな・・

サッカー日本代表のブルーのユニフォームを着た

巨大な坂本龍馬を横目に

目的地へと急ぐ・・




昨日から・・

いや・・

数か月前から

待ちに待った日・・

c0190103_23382999.jpg




わき汗は

今日も垂れ流し状態・・

ノースリーブにしたから

わき毛の処理もばっちりなのに・・

シャワーを浴びて

きれいになったはずなのに・・

ほとばしるわき汗に

わたしは生きている!!!

・・と思わずにはいられない・・






もうね・・

最高のステージ・・

この人・・神でしょ?って思うくらいの歌声

楽しくって楽しくって仕方ない!!

自然とカラダが動いちゃうし・・

じっとしていられない・・

ぴょんぴょん跳ねて

ひとりで大騒ぎしてしまいました



来年25周年の久保田

客層は

30代から

もしかして60代ですか?みたいな・・

その中でも

持久力ありそうなわたし・・

知らず知らずのうちに

風味堂で鍛えられていたようです




あまりに騒いだので

アンコール入る前に

お隣の

女優さんのような美しい女性に

陳謝しました





c0190103_23382995.jpg


明日は

これ着てがんばります(明日も行くのかよ~!!)

テンションあがりすぎて

150円なのに160円買っちゃった切符・・





帰り・・

渋谷駅まで出ようと思ってたのに

ふと・・思いついて・・

AXから原宿駅に歩こうと・・



ちょうど・・一年前・・

のり一発・・

ま000さんや

こ0000さんとご一緒させていただいて

楽しかったな~って・・

0さんも・・

待っててくれましたよね・・




もう・・一年が経っちゃったんだと・・

ipodのwatryを聴きながら

いろんな思いがよぎる・・

いつからファンになったとか

おしゃべりしながら歩いた道を

今日はひとりで歩きました

お元気ですか?

お元気なら・・それでいいのです





お父さんは・・何人?とは

久保田が小学生だった頃

お友達によく聞かれたんですって・・

ふふふ・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-25 23:38
c0190103_18264094.jpg

[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-25 18:26

あああ~~~

わき汗が・・

次から次へと吹き出る

Tシャツに染みていくのが

リアルにわかる

あまりに分泌するので

ひとりで味わうのはもったいないとばかり

娘たちに確認させた

右わき・左わき一回ずつで

500円をあげるという約束で

彼女たちの腕を挟んだ

目先のお金に

目がくらんだくせに

「きゃあ~~~~」って

叫びやがった

あああああ~~~~~

もう・・

尋常な汗じゃない・・

あああああ~~~~~

もう・・もう・・





・・というわけで

わけあって・・

かなり・・興奮状態なわけです






それとは別に・・

ワタリさんのライブ・・楽しかった

mother最終回とかぶってるから

超忙しかった

一番の壺は

ビクターのボイスなんとかをやってくれた人

10日にも登場していただきたいんだけど・・

ふふふ・・





信じられないことに

長女は

ワタリソロがお気に入り

ipodに入れちゃおうかな発言まで飛び出した

めちゃ・・嬉しい!



ああああ~~~~~

ど、どうしよおお~~~~

もう・・もう・・

明日はもっと

わき汗が噴き出るはず!!!!
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-24 18:16

ゆうなさんの悪口を書きすぎた

ちょっと・・反省

こだわりを持つことはいいことでもあるし・・

自分の気持ちを伝えることは

とても大事なことだし・・

要は

その伝え方や手段が重要なのかもしれない



今日は

はーちゃんの小学校で

オーケストラ観賞会

子供向けなので

ハンガリア舞曲やラデツキ―行進曲など

一度は耳にたことがある曲ばかり

校歌も演奏してくれて

それに合わせて

子どもたちも歌う

なんか・・

泣きそうになった



校歌って

大きくなると

一生懸命歌うのが

恥ずかしくなるけれど

低学年のうちは

あんなに無心に歌えるだなって・・

子どもの声って・・いいなって・・



予定外のアンコールに

「崖の上のポニョを演奏します!」と指揮者が言うと

子どもたちは

イエ~イ!!と湧きたった

大人も子どもも

同じ反応だなって思った

ポニョの大合唱には

感動してしまった



この感動の勢いのまま

映画にでも行っちゃおうと

雨の中・・出かけたら

満員御礼で観れなかった

そんなに人気なのかよお~~~!

観れたらいいなくらいに思っていた映画だったのに

観れないとなると

すご~く観たくなる

人間の心理っておもしろいな

近いうちにリベンジしなきゃ・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-23 16:13

イヤあ~世の中・・ずいぶんと変わりましたよ

電話が持ち運べるなんて思わなかったし

電気で車が動くなんて・・

日本の技術開発は世界に誇れる財産です

が・・

その一方で

失われてしまったものもあるのかもしれません




豊洲にあるキッザニア・・

ららぽーとが出来て

大きなマンションが乱立して

やたらと美しい街に変貌しました

20年前に

タイムスリップしたら驚くね・・その差に・・



さて・・

キッザニアとは

3~15歳の子どもを対象とした

子とも向け職業体験テーマパーク

消防士やパン屋さん・・

手術の疑似体験もできちゃうすごい施設である




日曜ということもあって

ある程度の混雑は覚悟していたが

豊洲に8時前に着いたのに

すでに500人くらい並んでいた

みんな・・意気込みが違う・・




オープンして

真っ先に並んだのはパン屋さん・・

ユニフォームを着させてもらい

さながらパン職人の出来上がり

小麦を石臼で挽かせてくれたり

イーストの匂いをかいだり

実際にパンの生地を成形したりする

一次発酵の状態から二次発酵の膨らんだパンの

やわらかさを確かめる

報酬もちゃんといただいて

焼きたてのクロワッサンをもらって・・終わりになる

こんな風に

リアルな体験が目白押し・・




銀行にお金を預けて

キャッシュカードも作れるし

ATMでお金を引き出すこともできる

はーちゃんは

倹約家で(誰に似たんだ?)

お財布の中身の

小銭・・1円なくてもすぐわかる

そんなはーちゃん・・

ATMでスキなだけお金がおろせるとわかったとたん・・

目の色が変わった

こわっ!!

わたしも

スキなだけおろせるATMが欲しい




わたしは

運動会とか卒業式とか・・

ビデオを撮影したりするのが

すごく苦手でめんどくさいので

誰か雇おうかと

マジで考えたくらいで

わが子の記録を残そうと必死な

親御さんに圧倒される

こういう競争って

ホント・・疲れる

そそくさと退散するのが一番




はーちゃんが

幼稚園の年長さんの運動会

年長さんとしてのお仕事もあって

大事な撮影会でもある

なのに・・

今回くらいは・・と

充電してきたビデオカメラに

電源を入れたら

なぜか電源が入らない

電池を入れ替えたり

なんとかカードを入れたり出したり繰り返しても

ちっとも動かない

「水滴が付いています」という表示が悲しい

パパがコンビニに走り

デジタルカメラの動画で

できる限りの努力はしたけど

お家に帰って

再生したら

AVビデオみたいな映像だった(幼稚園の運動会がAVだよ~~~!)

当の本人は

ビデオの存在すら意識なく

結局は

行事のビデオ撮影は

親の自己満足に過ぎないのだな・・と思ったことを

思い出した




さて・・

わたしが一番・・ココロ惹かれたのは

床屋さん・・

ちゃんとお店になっていて

お人形のおひげを剃れます

ブルーのカットクロスを身にまとった

かなりリアルな短髪のおじさん(あくまでも人形です)で

超笑える

最高なのは

シートをフラットな状態にする時

おじさんの頭がフラフラするところ

志村けんのコントみたいだった

おじさんのひげ・・

わたしも剃ってみたい・・




パン屋さんの後・・

はーちゃんのマブダチはるちゃんと

はるちゃんのお姉ちゃん(ちあき姉・・5年生)と

その友達のゆうなちゃん(この日が初対面)の4人で

ソフトクリーム作った

森永ハイチュウを作ろうと楽しみにしていた

小学三年生のふたりは2時間待ちでも

体験を希望していた

ちあき姉もやる気満々だったのだけど

ゆうなさんは

「ハイチュウはまずいから作りたくないです」と主張

なので

ここから

小学3年生組と小学5年生組に分かれることになった



はーちゃんたちは

何をしても楽しそうで

驚きも喜びも

ダイレクトに伝わってくる

こういう純粋な感じって・・いいなって・・




ゆうなさんは

しっかりしていていい子なんだけど

なんか・・

ひとりの人間として

可愛げがないなと感じた

決められた時間の中で

少しでもスムーズに体験できるように

提案するのだが

なんだかんだと理由をつけて

自己主張をする

何を体験してもいいんだよ・・別に・・

だって・・

それが目的できたんだから・・

制限してないじゃん・・わたし・・

制限があるのは時間だけでしょ・・

こんなに混んでいる日は

待ち時間だけでも2時間半の

人気のブースだってあるんだからさ

その待ち時間内にできる他のブースを

いくつか説明してるだけだけなのに・・

ABCクッキングを提案したら

はーちゃんたちは

「楽しそう~~!」ってすぐに並びに行っちゃったけど

ゆうなさんは

「わたし・・ABCに通ってるんでここで行かなくてもいいです」

まあ・・正論ですよね

それなら仕方ないです・・

他を・・探してください・・

すみません・・お役に立てなくて・・

てな・・感じで

彼女との会話を避けている自分がいました

ふふふ・・



「今日は日曜日だから混んでると思うけど・・

今度は運動会の代休の月曜日とかに来ようね」って言ったら

はーちゃんたちは

「やったあ~」と大喜び

そこへ・・水差すように

「わたし・・月曜日は塾があるからダメなんです・・」と・・一言・・

どうやら・・彼女・・

難関中学を受験するらしく

お勉強・・頑張ってるみたいです



わたしは

いくらお勉強が出来ても

ゆうなさんのような娘ならいらないな・・(キッパリ!)

はるちゃんやはーちゃんやちあき姉のような

子どもらしさがないし

あの子たちの

目の輝きみたいなものが感じられなかった

なにか・・

すべてに冷めていて・・

計算から物事を算出する感じ・・

わたしは受け入れがたかった・・

ゆうなさんのお母さん・・

ホントにこのままでいいんですか?って思っちゃいました・・ココロの中で・・

まあ・・

おせっかいなんですけどね・・




生きていく・・ということは

計算だけでは成り立たない

計算が狂うことはいくらだってある

むしろ

計算で成り立つ方が難しい

人のココロも

お金に換算するといくらぐらいになりますか?と

うまい風刺の歌詞があったように・・



11歳から

そんなに冷めちゃっててどうすんのよ?

45歳になったって

驚きや発見はいくらだってあるし

おもしろがる才能だって枯れてなんかいないよ

いくつになっても

男も女も

可愛げのある人間であることは

大事だと思うのですが・・

どげですか?
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-06-21 23:30