この間

なんかの番組で

中山秀ちゃんが(友達ですか~?)

石田よろしく純一に

「結婚というものを知り尽くしていてもまた・・結婚を選びますか?」と聞いていた

直球すぎて笑えました

この言葉・・深いですよ・・すごく・・



わたしも

大恋愛の末・・

この人でなくちゃ・・

この人と一生を共にできないのなら

他の誰と結婚しても同じだと

そんな勢いでお嫁にもらってもらった



今年で

結婚20年・・

わたしも足りないところだらけだが

もしかして・・性格が合わないんじゃないかと

思うようになった

それまでは

超ラブラブ・・

ずっとシアワセだと思っていたし

実際シアワセだったからね・・

他人様のご主人の不満を

へえ~・・なんて感心しながら聞いたものだった


夫がうっとおしいと思ったことなどなかったし(微妙に過去形ですね・・ふふふ)

いつでも自分をわかっていてほしかったし

いつでも一緒にいたかった(また・・過去形ですよ)

誰といるよりもいちばん安心していられた(過去形)



はーちゃんの幼稚園時代の

同世代ママは

結婚3年目で愛想を尽かしたらしい・・

この人はだめだな・・って思ったんだって・・

でも

高収入な夫なので

割り切って生活をすることを選んだのだと・・

確かに・・億ションに住んで

二人の子どもたちは

附属幼稚園から有名私立小学校へ

「17年も18年もシアワセだと思って暮らせていたなんてすごい!!」って・・

そう・・言われた



わたしも足りないところばかりだが

せっかくなので

一緒に生活して初めて分かったこと・・気づいたことをあげてみる

ふふふ・・


①自分が悪くても絶対あやまらない

②めちゃプライドが高い(立ててあげないと機嫌が悪くなる)

③バツの悪いことなどは知らないふりをする

④自分の実家にだけひどく気を使う

⑤オレ様オレ流・・自分を過大評価する




素直な人だと思っていたし

プライドは・・そんなに気にならなかったし

もうちょっと潔い人かと思ったんだけど・・




自分の実家は・・結婚して初めて分かった

これには・・本当にびっくりした



嫁ぐ時・・

わたしは母に

お嫁さんとしてしっかり義理を果しなさいといわれていたので

相当気を使って

あれこれと主人の実家にはできるだけ尽くしたつもりだが

夫の態度が

わたしの父が他界してから母に冷たくなったので

だんだんバカバカしくなってしまった

母がイヤミでやなババアだったら

仕方ないと思うのだが

余計なことは言わないし

夫にも気を使っていたし車やいろいろと高価なものも買ったりしてくれたのに・・

それでも

夫一筋のわたしは

母の気持ちより夫をかばっていたりしたんだよね・・

ママ・・ごめんね・・って感じ



ふんぞり返らない・・と思っていたのに

意外と・・ふんぞり返った・・

あははは~~~



要するに・・

結婚するときは

多かれ少なかれ演じているってこと

わたしだって

演じてたしね・・

ネコちゃん・・何枚もかぶっていたはず

夫の前でオナラができるようになるとは思わなかったし・・

夫もオナラをされるとは思わなかっただろうし・・(知り合ってから夫のオナラをきいたことはありません)

ふふふ・・

同時に・・

夫も・・本性は出してなかったわけで・・

長年生活をしていくうちにお互い・・

当たり前に素が出てくるんだよね

それが・・結婚生活なんだろうな・・って・・


誰と結婚しても

避けられない道なんだと思う


『好きな人と一緒に暮らすのと

好きな人を想って別の人と暮らすのは

どっちが幸せなんだろうね・・

一緒にいると

イヤなところもたくさん見えるじゃない・・

本当のわたしを知ったら

サクちゃん・・

嫌いになっちゃうかも・・なって



汚いところも

ズルイところも

ダメなところも

シミもシワも好きになれるような・・

そういうのがいい・・

10年後・・20年後・・

ひょっとしたら100年後・・

喧嘩をしたり

仲直りをしたり

だけど

昨日より今日・・今日より明日

ぼくは

当たり前にアキを好きになる』

わたしは・・そんなふうに・・なりたい



わたしは

夫がスキだし

子どもにも恵まれて

充分にシアワセだと思うし

最後まで添い遂げたいと思う

いちばん身近な他人

配偶者とは不思議な存在である
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-30 16:15


13時からなんて大ウソだった

9時から大騒ぎ

地響きとけたたましい爆音

水道管を取り換える工事って

こんなにうるさかったかしら・・

おかげで断水となった

水が使えないって・・大変なことだ

茶色い水がとめどなく出て

御飯が作れない

なので・・実家でご飯を食べてきました



さて・・

週末は娘の誕生日だったので

伊豆に行ってきました

東伊豆はすご~く久しぶり(最近は西伊豆ばかりだったし・・世界愛かぶれ)

ワンちゃん連れでも楽しめるとこがたくさんあって

きなちゃんも自由な空間に満足

パパに抱いてもらいながらリフトにも乗った



さすがに山頂は風が冷たく

景色を堪能するには寒すぎた

売店で温かいものでも食べようと

おしるこを頼んだら

さ湯かと思うくらい薄味で

ここまで薄められるのは

ある種の才能だと思った・・素晴らしい!

お餅は「チン」(あれじゃないですよ!)だった



c0190103_1458992.jpg




わたしは

伊豆から戻ると

だいたい妊娠する(した)

なので

伊豆を避けていた時期があった(伊豆と妊娠は関係ないと思いますけど・・)

なので

いつの時の子どもかすぐわかった(どうでもいいですよ)

まっ・・

今回はそれはないと思う

あははは~~~
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-29 14:58

17年前の今頃・・

わたしは分娩台の上にいた



26日早朝・・

おしるしがあった

なんとなく・・下腹部が重たい

もしかしてお産が始まるのだろうか・・

準備していた入院用のバックをチェックする




午前中に受診をしたら

お産になるということだった

お昼ごはんを食べてから入院することになった



陣痛室には

すでにひとりの妊婦さんがいた

もう・・ここに2日もいるとのこと・・



ダイスキな久保田を持ち込んで

パインのキャンデーを忍ばせて

銀色夏生の本を読みながら快適に過ごしていた




さすがに

夜の11時くらいになると

痛みが強く感じられるようになった

お産の時は

「痛い」と言いたくなかったわたしは

「痛くな~い」と強がっていた


銀行時代の友人が

無痛分娩を選んだときに

せっかく女の子に生まれたのに

陣痛を味合わないなんて

なんてもったいないことかと

実は・・そんな風に思っていた

が・・

さすがのわたしも

波のように襲ってくる痛みに耐えられず

この状態から無痛分娩に切り替えることはできないものかと思案してしまった



分娩室に移ったのは

日付が変わってからだった

もうひとりの妊婦さんも

ほぼ同時に隣の分娩室でお産の態勢に入った

かなり慌ただしい病院スタッフたち



分娩台は未知な世界だった

予想以上の激痛と

いきみたい衝動

誰もいない分娩室

医療器具の納められた医療棚

シンプルな掛け時計



平成5年3月27日1時47分

わたしは「お母さん」になった

女の子に生まれてよかったと思える瞬間だった

と同時に・・

母に感謝の気持ちを持った

こんな経験をさせてもらえて・・と・・

涙が止まらなかった



大方の予想に反し

女の子が我が家にやってきた

ずっと考えていた名前をつけられるのだな・・と



いろいろな処置の後

数時間・・分娩台で休んだ

あの時・・わたしは何を考えていたのだろう

心地よい疲れを受け入れていたんだろう




早朝・・

病室に移動することになった

看護婦さんは車いすを押しながら

「今日は晴れるわよ」って教えてくれた



病室のベットに横たわると

「お母さん」になった実感が湧いてきた

頭から布団をかぶり

ひとりでニヤニヤした



窓から差し込む淡い日差しは

切ないほどやさしくて

ほろほろと涙が出た

好きな人の赤ちゃんを産むことはこんなにも幸せなもなのかと・・

あの・・嬉しい感情と

あの・・淡い日差しを・・わたしは・・忘れない・・






わたしを「お母さん」にしてくれてありがとう

あなたがシアワセであることが

わたしの最大のシアワセです

お誕生日・・おめでとう
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-27 01:42
c0190103_2012594.jpg


えっと・・

今日は何日でしたっけ?

ひな祭りはとっくに終わってましたよね

ふふふ・・

旅から戻ったらかたづけましょうか・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-26 20:12

長女とクリちゃんに

某ライブチケットをプレゼントした

ヤフーオークションで

信じられないほど釣り上った金額になる中

必死こいて落札したのだった



彼女たちのスキなアーティスト

何を歌ってくれるかな~って

ワクワクドキドキする感じ・・

こういう高揚感

たまらなく・・いいよね~



そのアーティストさんが歌う歌は

切ない恋の歌もあって

こういうのって・・つらいね~って・・



でも・・

それは

こちらが好きなのに別れた場合にのみ切ないのであって

お相手に愛想を尽かして別れる場合は

ちっとも切なくい・・

もっと言えば

せいせいするでしょ・・的な・・

きれいに忘れられるってもんよ!!

なんて・・

雑に力説していたら・・



「ホントにきれいに忘れらるものなの?」って・・

はーちゃんが聞いてきた

きゃはは~

小学2年生が

マジで聞いてきてどうすんのよ~!

いったい・・

誰をきれいに忘れたいのよおおおおお~?
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-25 17:50

今日で3学期が終了した

2年間お世話になったはーちゃんの担任の先生ともお別れ

やさしくてピュアで真面目で本当にステキな先生だった

歳を重ねるだけのわたしは

先生に会うたびに

ピュアでありたいと強く思うのであった



長女が幼稚園に入園してから

学期末には

担任の先生に

お礼の気持ちを込めて

お手紙を書いたりカードを作ったりした

半ば強制的に書かせた時もあったが

毎年のことと

こどもたちもそれに慣れていった(と思われる)




はーちゃんは

昨夜書いた手作りカードとTDLで買ったボールペンを

ランドセルに忍ばせて登校した

どうやって渡したのかと聞くと

通知表をもらう時

名前が呼ばれるのを待ちながら

周りのお友達に見つからないように

上手に隠して

通知表を受け取ってすぐ

「これをどうぞ」と言って渡したそうだ

先生は

「ありがとう~あとで見るからね・・」と

喜んでくださっていたそうだ



たぶん・・

自己満足の世界なんだと思うが

やっぱり

お世話になった方にはきちんとご挨拶がしたいのだ

人との出会いは

影響されるということでもあるのだから

ピュアでありたいと思わせてくれる先生の存在は

母親のわたしにも

充分すぎるほどの影響を与えていてくれていたのだし・・

心をこめてお手紙を書くと・・

涙が出てきちゃいます

あはは・・

やはり・・自己満足・・ですね



クリちゃんは

明日が終業式・・

ヤンクミ似の担任の先生にサプライズを用意しているようだ

わたしも

端っこに参加させてもらうつもりでいる

ふふふ・・



長女は

中学生の時から

学年末テストの答案用紙の余白部分に

先生へお礼のコメントを残こすようになったらしい

先生が

お返事を書いてくださることは嬉しいみたい

まっ・・

好きな先生だけに・・ですが・・ね

ふふふ・・





こうして

3学期があっという間に過ぎ

また

新学期が始まります
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-24 23:05

やっぱり・・

海かな~と思って

パソコンで

犬が同伴できるお宿を探していた


そんなところに・・

母が

病院の帰りに我が家に寄ったので

週末の旅行について

話をしようと思ったら・・

数分もしないうちに

「あなたのうちは臭くて息ができなくて耐えられないから帰るね」・・とぬかして

そそくさと・・帰って行った


いや・・

そりゃ・・

きなちゃんのトイレのう0ちを

放置していたのは・・わたしが悪い・・

が・・

息ができないほど

耐えられなくない・・

というか・・

全然臭くないし・・



たぶん・・

視界から入る

先入観が臭さを倍増させたと思われる



きれい好きの母と

きたない好きの娘

ふふふ・・



ミスドの

カラフルドーナツとプリッツェリングは

ムカつくほど・・まずい・・

何かが・・惜しい
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-23 15:29

この間・・

閉店直後に窓口にいらした常連のお客様

お振り込みが間に合わないと

窓口が終了していることに腹を立ててしまった

ATMでも支払い可能な用紙だったので

その旨を

若い女子社員が説明したら

さらに気に食わなかったようだ


「ばかやろ~~~~!!」と怒鳴り始めた

丁寧に対応しても

気がおさまらない・・

まっ・・そんな時もありますもんね

きっと・・虫の居所でも悪かったのでしょう

その後も

お店の中でも「ばかやろ~~~」と怒鳴り

お店を出ても「ばかやろ~~~」と怒鳴り続けていました



わたしは

ある意味・・うらやましいなあ~って思ってしまった



怒りの感情を

あんなにストレートに表現できることが・・

大きな声を

あんなに張り上げられることが・・




昔読んだ本に

年齢はゼッケン番号だ・・と書いてあった

精神的年齢は

そのゼッケン番号に比例しないと・・


あっ・・

そのお客様を精神的年齢が低いと

否定しているわけではありません

あくまでも・・わたしに置きかえて・・なので



わたしは

「45」という数字を首から下げて

人生という名を道を

いきなり加速したり

とぼとぼ歩いたり

給水がおいしいと感じたり

時に・・苦しいと顔をゆがめて

自分のペースで走っている



30代の頃は

年齢を重ねていくことに

妙な焦りを感じていた

ホントにわたしはこの歳に達したのか・・と

10代の頃に

はるか彼方に感じていた年齢になったのか・・と

大預言者ノストラダムスの1999年地球滅亡説

中学生のわたしは

36歳の自分を想像したものだった



わたしの30代は

思っていたよりずっと幼かった

40代は

もっと・・幼いかもしれない・・



45歳になってわかった事が一つだけある



持っている個々のキャラクターの基本は

変わらない・・ということだ

45歳になっても

昔と何も変わっていない



やっぱり・・

ゼッケンにすぎない・・

歳を重ねることを

必要以上に

怖がることはない・・大丈夫よ
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-18 16:29

クリちゃんの右わき下に

第三の乳首ができていた

おもしろいなあ~と思いつつ

すっかりその現象を忘れていたが・・


先週末・・

温泉に行く時

バンドエイドを探しまくっているので

どうしたのかと思ったら

第三の乳首が

信じられないほど大きく腫れていた



病院に行こうって言ってるのに

ビビりのクリちゃんは

首を縦に振らない・・

明日こそ・・

皮膚科を予約しないと思っていたのに

なんと・・

出血してしまった

あああ~

どう見ても気持ち悪い・・

その汁触った手で

テレビのリモコン触らないで・・

きゃはははは~~~


トリあえず・・

ネットで

いぼ(第三の乳首)の正体を

検索したら

「いぼ地蔵」なるものが

各地にあることが分かった

心をこめて祈れば

治るらしい・・


いぼ地蔵様・・

クリちゃんのいぼ(もはや・・第三の乳首ではない)を

治してあげて・・

だって・・

もしかしたら・・

将来・・母乳・・出るかもしれないし・・

あははは~~~
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-16 23:02

スープ焼きそば?

テレビで見た気がする…



わたしは無類の焼きそば好きだということに

最近気づいた

お昼ごはんに

つい・・

焼きそばを買ってしまう

焼きそばを作ってしまう




うちのそばの商店街に

とってもリーズナブルな焼きそばが

売られていたことを知り

試しに買ってみたら

これが・・ウソみたいに・・すごくおいしかった



店頭販売のゴマ団子だけを買うつもりだったのに

中華人民共和国出身と思われる

モンスターエンジン(神々の遊び)の顔が細い方似の

片言の日本語がカワイイお兄さんが

おいしいから食べてみてって・・



そしたら・・

中国4000年の歴史を

もろに感じて(ちょっと・・大げさすぎやしませんか?)

先週は

4日連続で買ってしまった(凝り性にもほどがありますよ)



わたしは

中学生くらいまで

ドイツの古城を見ると

不思議と

望郷の念に駆られ

「おとうさま・・おかあさま・・いま・・いずこに・・いらっしゃるの~~~?」

・・・って

泣きそうになるのだった・・(単なる妄想ですよ)



これって・・

もしかして・・

わたしの前世はドイツのお姫様だったんじゃないかと・・

ず~っと・・そう・思っていた

が・・

こんなにも・・

焼きそばと餃子をこよなく愛しているとしたら・・

前世は

中国人なんじゃないかと・・

ふと・・思った(ドイツじゃ・・なさそうですね)



カップ焼きそばでは

気持ちがおさまらない(年に一度食べるかどうか)

横手と富士宮・・

スープ焼きそば・・

わたしには

まだやらなければならないことがあった・・



焼きそばを極めなければ・・

と・・思いつつ・・

今は・・モンスターエンジンさんの虜のまま

いけるとこまでいってみる(やる気満々)

それに

ポポロンとか

ストロベリー味より

やっぱり・・チョコだし・・(どういう意味ですか?)

トリあえず・・

明日も焼きそばだ
[PR]
by takoyakimamasan | 2010-03-09 23:48