<   2009年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧



きなちゃん・・

トリミングに行ってきました

3時間・・頑張りました~

c0190103_20303984.jpg


なので・・

お疲れ気味です

サマーカットにしちゃったので

きなちゃんの体温が

とても心地よく・・

ダイレクトに・・生を・・感じます



きなちゃんが帰ってくるまでの時間・・

実家で・・

はーちゃん・・

折り紙工作をしました

はーちゃんは

食べ物シリーズに凝ってるので

今日は・・・

豪華にお寿司です



たまご

いくら

サーモン

大とろ

うに

かっぱ巻き

追記・・はーちゃんからクレームがありましたので訂正いたします

かんぴょう巻き・・ではなく

鉄火巻き(・・だそうです)

こんなに入ってて・・

300円というお値段設定・・

かっぱ寿司もびっくり!!


c0190103_20303999.jpg


おいしそうに

できあがりました





パパは仕事・・

お姉ちゃんは学校・・

クリ坊・・お友達とお出かけ

きなちゃん・・トリミング・・



もし・・

はーちゃんが生まれてなかったら

今日・・わたしは・・ひとりだったんだなって・・・

常に・・ひとり行動の・・女だけど

思わず・・

はーちゃんに言っちゃった・・

「ママをひとりぼっちにしないでくれたのね・・」って・・

そしたら・・

「そっかあ~はーちゃんいなかったら・・今日・・ママひとりだったんだね」

そう・・

あなたがいなければ・・

わたしは・・ひとりだった・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-30 20:30

c0190103_20173142.jpg

[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-30 20:17


草なぎクン・・

早く・・復活できてよかったね・・

彼は・・正直者なんだね・・

復帰会見・・

ホントに・・嬉しそうだった・・



でもね・・

気になった質問があって・・

「今日から草なぎ剛は生まれ変わりますか?」



なんだろ・・生まれ変わるって・・・

どういう意味なんだろ?・・生まれ変わるって・・

心機一転ってことが聞きたかったんだろうか・・



世の中・・

もっと・・悪代官がいるのに・・


ちょっと・・

噛みつきたくなりました





生まれ変わるって・・

どういうことなんでしょう?

そんな気持ちが・・

水の中の自由思考に連動していったのですね・・きっと・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-30 11:04


赤ちゃんゴキブリが

我が家のキッチンを

彷徨っていたのを

見つけたクリ坊が

赤ちゃんゴキブリめがけて

食べていたオレンジの皮を

とっさに投げたら・・

キッチン扉の隙間に

きれいに挟まって

毎朝・・

干からびていくオレンジの皮を

長女は

楽しんでいたようだ


c0190103_10105139.jpg


なので・・これは・・

c0190103_10105146.jpg


オレンジの皮です・・

それにしても・・

クリ坊・・ナイスコントロール!!




たこ荘の皆様・・

こんちにちは~~^^(あかさん・・借りてるよ~)



今日も・・

LIVE  BURN!!を見ています・・

ワタリさんの苦しそうな表情・・

トリくんの弦を押さえる右手の人差指と中指・・

かっちゃんのおでこの3本の横じわ・・

もう・・

有酸素運動ですね・・

やってる方も・・

見ててる方も・・


何度・・見ても・・

燃えますね~~~!!



で・・

は「きな子と風味堂・・どっちが好き?」

マ「場合によるうう~~」

この質問は

「わたしと仕事・・どっちが好き?」に酷似している

は「嵐と風味堂・・どっちが好き?」

マ「風味堂だろうがっ!!」

は「嵐・・超えちゃう?」

マ「あたりまえじゃ~~ん!!」

は「すごいね!」(どういう意味?)


ここで

長女が

「風味堂の何がスキなの?」とはーちゃんに愚問を投げつける


すると・・

「歌!!」

即答であった・・

わたしは・・

的を得ている彼女の答えにほくそ笑む・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-30 10:10

クリ坊の社会科の先生は

めっちゃ・・おもいろい・・

気の利いたジョークで

ドッカン・・ドッカン・・笑わせる派ではなくて

彼のキャラで・・笑わせるタイプ・・

たとえば・・

4時間目は4組で授業なのに

気がつかず

隣の3組で授業をしちゃう・・みたいな・・



そんな彼が

まが玉を持って・・

教室に現れた

授業が始まり・・

早速・・取り出した

「コレ見て!まがたまだよ!!」

「きれいだよね!!」

さかなくんのように

ヒ~~と

ひとり・・興奮している



資料集を開けと言うので

P32を開くと

まが玉の写真が載っていた

そしたら・・

「ハイ!見て!!さっきのコレ!コレ!(まが玉をブラブラセル・・)」

「まが玉・・タマタマじゃないよ・・・」


ここで・・

クリ坊は・・

あの言葉に反応した

「タマタマ・・」





「キャ~タマタマだあ~~~!!」

クリ坊は・・声に出して・・そう叫んでしまった

すると・・即座に

先生も・・反応した・・

「クリ坊さん!タマタマスキなの?ねー!ねー!」

「マジ・・ウケんだけど・・タマタマ~!!」

「先生もね~タマタマ!ねー!おもしろいよ~!スキだよー!ねー!ねー!タマタマ!タマタマ!!!」

そして

ふたりは

「タマタマー!」と連呼し合った


授業が終わり・・

昼休みに・・先生に会った時・・

「クリ坊さん!こんにちは!さっき・・タマタマ・・めっちゃ・・おもしろかったね!」

「ウ~~~!」と答えるクリ坊・・

手をたたきながら

「タマタマ!タマタマ!」言い続ける先生・・

「タマタマ・・マジ・・ウケる・・」クリ坊はピンク・ゴールドタマタマと連動させている・・

「じゃあ・・もう・・この際・・陸上の愛好会じゃなくて・・タマタマの愛好会作ろうよおおお~!」

「マジッすか?先生・・ほんじゃ・・部員集めますよ!」

「んじゃ・・せんせい・・顧問やる~~~!!」

「んじゃ・・わたし・・部長やる~!!」

どんな・・会話なんだ・・・

一応・・中学校の・・廊下・・なんだからさ・・




次の授業で

ご機嫌の先生は

「前回・・クリ坊さんがスキだったタマタマ・・持ってきましたー!」

「先生・・タマタマの愛好会・・作りまーす!!部員はいらないですよー!クリ坊さんとふたりだから・・
おまえら・・入ってくんなよおおおーーー!!」


どんな・・授業なんだ・・



タマタマは・・

こんな風に・・

愛を・・ふりまいています・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-25 19:53
c0190103_1249970.jpg


どうも・・

携帯の調子が悪くて・・

充電もうまくいかない・・

うまくいった瞬間に・・

送ったら・・

逆さまじゃんかよお~~~!!

あははは~~




もうね・・

行く気満々で

図書館で借りてきたのだけど・・・

でらうまいえびふりゃー食べようと思ってたの・・ふふふ・・




えっと・・えっと・・ですね・・

ナキムシなわたしは・・

今・・とても・・

泣きたい気分です・・

DXに行けないから?

ちがう・・ちがう・・

そんなことじゃないの・・



わたしが

何かを腹立だしく感じるのは

その・・言葉より

その・・言葉に意味より・・

その・・言葉を口にした人の・・

冷たくて寒いココロに触れたときに

より・・強く・・感じるようです・・


だから・・

少々の

荒い言葉やキツいジョークには

そんなに・・悲しくならないし・・おもしろがれるし・・

愛ある突っ込みなんて最高~~!!!(レックさん!!ありがとう!!)

まあ・・

ん?と思っても・・

そういう面も・・

そういう見方も・・あるわよね・・で

聞き逃すことはできる・・

同じ言葉でも・・

相手のココロが大きく作用するようです




はーちゃん・・

おかげさまで・・元気になりまして・・

お友達がお電話が来て

遊ぶことになりました

昨夜のこともあるし・・

大丈夫かな~って思ったんだけど・・

少し・・体を動かした方がいいかもしれないと思って・・

お友達が迎えに来てくれるのを待ってました



お友達と出かけて

ちょっとしたら・・

泣いて戻ってきました・・

どうやら・・

昨夜のことをお友達に話したら・・

逆に・・からかわれたようでした・・



たぶん・・

こどもなりに

自分の痛みに寄り添ってほしかったのでしょうね

それが・・

思わぬ言葉で返ってきて・・

ショックだったのね・・

よくあることです・・



わたしは

そのお友達の女の子を

いけない子だとか・・そんな風には思いません・・

彼女の思いのままの言葉だし

まあ・・

からかうのはよくないですが

それも・・

はーちゃんには・・貴重な経験になるし・・



いろんな人がいて

いろんなとらえ方が合って

いろんな気持ちが動いているのが社会なんですから・・・


その中で

どの場所に近づいて行くのか

それは

自分が・・決めること・・

そのためには

自分の目も肥えさせておかないといけないんですけどね


はーちゃんも

学ぶ時期が来たようだと・・感じました




クリ坊のお友達に

水痘症のお友達がいて・・

数年に一度・・手術をします

そのたびに・・

彼女は髪を切らなければなりません

退院後・・

短髪になった彼女は

野球少年のようだけど・・

すっごく・・キュートなカワイイカンジになります

だけど・・

彼女のその姿に・・

あれこれ突っ込むサル(失言!)がいます・・

これも・・

仕方のないことなんでしょうが・・

それにもめげず

彼女の頑張りは・・めっちゃ・・ステキ・・です




暑い日が続いたので

彼女は・・

ある髪の長いお友達に

何気なく・・

髪を切らないのかと聞いたようなのです

そしたら・・

その髪の長い彼女は

「わたしのことはいいから・・もう一回・・坊主になってよ・・」と言ったらしく・・

クリ坊はその場にいなかったので

後から聞いたらしく・・

相当・・怒ってました・・

もちろん・・

彼女自身が一番傷ついたんですけど・・



なんだかなあ~って

思うわけですよ・・




深夜の病院でね

いつも・・思うんだけど

病気ってね・・

本人しか分からない苦しみがあると思うね・・

どんな言葉も

何の力にもならない時があると思うの・・

がんばって・・

大丈夫・・

えらいね・・

なんて・・薄っぺらい言葉なんだろう・・と思う・・

苦しみを味わってる人に

簡単に・・言葉なんて・・かけられない・・と思って

はーちゃんに

その薄っぺらい言葉をかけてる自分が・・

すごく・・イヤだった・・

なんか・・すごく・・イヤだった・・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-23 12:49

人間の心理って・・

おもしろいな・・って


よその芝生が

青く美しく見えたり・・

逃がした獲物は

実物以上によく思えたり・・

要するに・・

ないものねだりなのね・・




わたしの上司に当たる

〇〇長さんは女性です

この業界で

ずっと・・生きてきた方・・

もちろん・・家庭もあって・・

お子さんもいらっしゃいます

すごく・・ステキな・・

お手本にしたい先輩の女性なんです



常に・・

アンテナが・・何本も立っていて

隅々に

心配りができて

気持ちも安定していて・・

落ち着いていて大人の女性です

本当の頭の良さって・・

こういうことを言うんだろうなって・・

幾度となく・・感じさせられます



能ある鷹は爪を隠す・・

「本物の人」には

知識や才能を

ひけらかさないカッコ良さがあります

たぶん・・

そんなことしなくても

滲み出ちゃうっていうのが

カッコイイんだな・・

そんなことを・・

〇〇長さんを見ていると

そう・・思えるのです・・

そういう人が

そばにいるだけで

わたしは

いい意味で影響されたいと思うし

ラッキーだなって思ってます



しっかり・・

地に足をつけて・・

自分が目指す・・

自分がなりたいと思う・・

女性に・・大人になっていきたいな・・




わたしは・・

今日・・

どうやって・・生きただろうか・・

いくら・・

カッコつけてもだめなのだ・・

滲み出なくっちゃ・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-20 22:49


プール・・

ずっと・・行きたくて・・(泳げないくせに・・)

家族でプール・・

ホントに久しぶりでした



長女が

パパの前で

水着になりたくないと言い始めたのは・・

中学生になってから・・



夏の湘南でも・・

Tシャツは絶対だし・・

海は・・

それでもいいけど・・

プールは

プール帽にもろ水着だから・・

ふふふ・・

もう・・一緒に行くことなど・・

二度とないだろうと思ってたのに・・



高校生になって・・

一肌脱いだね・・

あはははは~~



で・・

それぞれに

自由に楽しんだわけです



はーちゃんは

いつの間にか

浮き輪なしで

泳げるようになってたし


お姉ちゃんたちは

25mプールで

タイム競ってるし


パパは

必死で

サーファー時代の感覚を

取り戻そうとしてたけど・・

溺れてたし・・


わたしは

ビート板で・・バタ足・・


すると・・

娘たちが

わたしとパパのところに戻ってきた・・

泳いだり

お喋りしたりと・・

楽しんでたら・・



「〇〇!!(長女の名前)」ってクリ坊が叫んだ・・

どうしたのかと思ったら・・

ビキニのカップから

ポロンと

ティクビが出てしまっていた

あははは~

本人・・

それに気付かないほど・・

楽しかったんだろうね・・

胸が大きくなった証拠だと喜んでいたし・・・




そういえば・・

わたしも同じ場所で

かれこれ・・

10年以上前・・

同じようなことがあった・・



家族がまだ・・4人だったころ・・



プールに行こうと思って

水着を探したら・・

買ったばかりの水着を

豊島園に忘れてしまったことに

初めて・・そこで気付き・・

新婚旅行の勝負水着の

派手なハイレグと

だいぶ前に流行った

ワンショルダーの水着しかなく・・

さすがに

子持ちのハイレグはいかがなものかと・・

ワンショルダーを着ることにした




クリ坊が

まだ3,4歳くらいで・・

まだ目が離せないころ・・

わたしは

クリ坊を

浮き輪に突っ込み

その浮き輪で

プカプカ

のんびり浮かんで遊んでた


パパは

長女担当で

泳ぎのlesson特訓中・・



そうこうするうちに

彼らの姿が

見えなくなったので

彼らがこちらに戻るまで

浮き輪のクリ坊と

パシャパシャ遊んでた・・



ようやく・・ふたりの姿を

確認できた

わたしは・・彼らを

見つけるなり・・

右手を大きく上げて手を振った・・


すると・・

パパが変な顔して

手を振っている・・

あきらか・・好意的な手の振り方ではない

何かを

かき消すような・・

そんな振り方だ・・

何か・・叫んでいるようにも思えるが・・

よく・・聞こえない・・

それでも・・

わたしは・・

笑顔でパパに・・手を振り続ける



すると・・

今度は

手でわたしを指す動作をしている・・

なんだかよくわからない・・



だんだん近づきて

「おい!おい!それ!それ!出てるんだよっ!」

何が?

ん?


何だ?と思って・・

下を向いたら・・

左の乳房全体が

波に揺れていた


慌てて

水着の中へと

押し戻したが・・

恥ずかしさは・・消えない・・


あっ・・・あの人も・・

あっ・・・この人も・・

そこの監視員のお兄さんも・・

みんな・・みんな・・

わたしの

乳房・・見たのね・・

きゃああああ~~~~~~!!



けど・・

まだ・・入ったばかり・・

そそくさと帰らずに・・

そのまま・・・

乳房をさらしたことなど

封印して

普通に楽しんだ・・




みなさん・・

これからの時期・・

うっかり・・ポロンに・・気をつけましょうね
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-19 09:53

はーちゃんの

風味堂ベスト3といえば

We must get love back again(ギターにほれ込んでます)

浜辺の風景(歌詞とAメロがスキです)

未確認飛行物体な少女(コール&レスポンスありき・・)

だったのだけど・・



グイグイと

オレンジジュースが食いこんできました


毎日・・

2時間目の授業くらいまで

この歌が

頭の中・・駆け巡るそうです(おい!おい!ちゃんと授業きいてるか~?)



忘れな~~いでね♪の

ワタリさんの声がスキなんだそうです

「ママ~~(そんなあなたをささえてくれるから・・)だってさ~~いい歌詞だね~~!!!」って

肩をたたかれました・・


で・・

「ママにとって・・ワタリさんの声って・・どんな声?」と・・聞いてきた・・(結構・・難問)

「えっ?」(言葉にできたら・・なんて楽なんだろう・・)

答えに詰まったときは

逆に聞いちゃう・・

「はーちゃんは?」

すると・・

「優しくてきれいでまろやか・・」

ふ~ん・・

まともじゃん・・



わたしにとっての

ワタリさんの声・・

それは・・

温かくって・・

甘くって・・

切ない・・


条件反射のように・・

泣けてしまう・・


言葉にできないほど・・

ステキな声よ・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-18 15:54



いつもと変わらない

同じような朝が・・

今日も・・

訪れた




時々・・

ふと・・思う・・




この何気ない日常が

何気ない日常でなくなる日が来るのではないかと・・




青い空も

吹く風も

心地良く感じられない

目の前のものが

なにひとつ輝いて見えない

そんな日々が

やってきたら・・どうしようかと・・




こんなに

気持ちのいい天気の朝に

なにも

そんな不吉なことを考えなくても・・

とは・・思う・・




ただ・・

人生は

流れているなと・・思って・・





とても・・流動的なものだ




流れに沿って進むのか

あえて・・

逆流するか・・

思わぬ大きな波に

溺れそうになるか・・

緩やかに

プカプカ漂うか・・



今日も

何気ない朝を

迎えられたことに

感謝しよう・・思う・・
[PR]
by takoyakimamasan | 2009-05-18 09:03